アラサー女子二人旅におすすめ?初めてのダナンの街をレポートしてわかったこと

私が実際にダナンで見た、藁でできたビーチパラソル越しの綺麗な海を撮影した写真

ダナンはアラサー女子二人旅でも安心して楽しめるの?

2018年4月にアラサー女子の二人でダナンを訪れました!
アラサーと言えど女子二人旅!
やはり、海外旅行先の治安は懸念事項ですよね。

私たちも、初めてのダナンはどんな雰囲気なのか分からず、少し心配していました。
しかし、実際にダナンへ行ってみたところ、とても安心して過ごせる街でした。

日中のダナンの街歩きは女子二人でも安心!?

まずは、街の雰囲気ですが高層ビルなど開発が進みながらも、のどかで南国のゆったりした空気を肌で感じられます。

以下の写真のように道路は舗装されているところが多く綺麗です。

私が実際に街歩きをした、綺麗に舗装されたバクダン通りをファンディンフン通りとの交差点から見た様子を撮影した写真
私が実際に街歩きをした、綺麗に舗装されたバクダン通りをファンディンフン通りとの交差点から見た様子

路上でホームレス生活をされているような方も見かけなかったですし、
詐欺や遊び目的で声をかけてくるような方もいなかったです。
日差しがきつく、暑い国なのでそもそもあまりお昼間に街中を出歩かないようです。

以下の写真でもわかるように、皆さんバイクや車移動が主流のようでした。

私が実際に、ソンハン橋を渡っている際に見た、たくさんのバイクや車が走っている様子を撮影した写真
私が実際に、ソンハン橋を渡っている際に見た、たくさんのバイクや車が走っている様子

日中に関しては、日本に居るのと変わらないくらい安心して街歩き出来ます!
ただし、最低限、貴重品だけは気にかけてくださいね。
残念ながら、すりや置き引きなどはダナンでも発生しているようですので。

とはいえ、例えば、パリなどのように、
レストランでも、膝にきっちりカバンを抱えて気をつけて食事をしなければならない、
という程のレベルではないと感じました。

フランスに留学経験のある友人は、「ダナンは治安が良いね」と、日本に居るように、
レストランで隣の席にカバンを置いていました。

もちろん、荷物から目を離すことは絶対に出来ませんが、
感覚的に、ダナンはそのくらい大丈夫そうだと感じられる街です!

夜中のダナンの街歩きは女子二人でも安全なの?

続いて、夜中の街の雰囲気ですが、夜遅くまで開いている飲食店も多く、
立ち並ぶホテルやビルなどライトも煌々と点いているので、明るいです。
夜は気温も下がって、日中と違って人通りも22:00頃でもたくさんありましたし、
車もたくさん通っていました。

私が実際にバクダン通りから見た、カラフルにライトアップされたソンハン橋方面の夜景を撮影した写真
私が実際にバクダン通りから見た、カラフルにライトアップされたソンハン橋方面の夜景
私が実際にリバーサイドパークから見た、たくさんのハート型の電灯が並ぶハン川の夜景を撮影した写真
私が実際にリバーサイドパークから見た、たくさんのハート型の電灯が並ぶハン川の夜景
私が実際に、バクダン通りを歩いていて見かけた、夜でもにぎわっているアロイ デザートカフェを撮影した写真
私が実際に、バクダン通りを歩いていて見かけた、夜でもにぎわっている
アロイ デザートカフェ

レストランで夜ご飯を食べて、ホテルへ15分~20分程歩いて帰ったこともありますが、
「夜はこの街怖いな、ちょっと危ないかも」という不安は一切なかったです。
ダナンは夜も充分、安心して過ごせます。

ただし、私たちは、遅くても22:00頃にはホテルへ戻るようにしていました。
やはり女子二人旅ならば、いくら治安が良いと言えども、
世界各国、あまり夜遅くまで出歩かない方が賢明です。

 
K
何かあってからでは遅いです!
自分の身は自分で守りましょう!

そして、余談ですが、夜中の街歩きにおすすめなお店として、“スカイ36”をおすすめします!
ノボテルホテルのルーフトップバーなのですが、その名の通り、36階にあります。
ダナンの夜景を一望できますし、フェンスも低く、心地良い風が吹くのを感じられます。

私たちが実際にスカイ36で頂いたココナッツのオリジナルカクテルとジントニックを撮影した写真
私たちが実際にスカイ36で頂いたココナッツのオリジナルカクテルとジントニック
 
K
正直に言うと、これがダナンなのかと驚くほど、カラフルな夜景が見られますので、
ぜひ訪れてみてください!
私が実際にスカイ36から見た、ソンハン橋やドラゴンブリッジ方面のカラフルな夜景を撮影した写真
私が実際にスカイ36から見た、ソンハン橋やドラゴンブリッジ方面のカラフルな夜景
私が実際にスカイ36から見た、トアンフック橋方面のカラフルな夜景を撮影した写真
私が実際にスカイ36から見た、トアンフック橋方面のカラフルな夜景

スカイ36周辺の地図を添付しておきますのでご確認ください。

アラサー女子2人が現地で感じたダナンの方々の印象

ダナンの方々はとても優しく、親切です。そして、ほんの少しシャイのようでした!

ホテルのスタッフさんやお店の店員さんなど、丁寧に対応してくれます。
大体のお店やホテルならば、英語も充分通じます。
市場や個人経営のこじんまりしたお店は難しいかもしれませんが、
例え言葉が通じなくても、身振り手振りで伝えようとしてくれます。

その際も、はにかんだような笑顔で話してくれるので、こちらも自然と笑顔になります!
ホイアンへの日帰りツアーを担当してくれた現地ガイドさん自身も、
ベトナムの人は少しシャイな人が多いと仰っていたので、
「だから、はにかんだような笑顔だと感じるんだ!」と納得でした。

ダナン国際空港からホテルまでの空港送迎をしてくれたドライバーさんは
英語が分からないようでしたが、車内で日本語の音楽をかけてくれたり、
(アニメの主題歌のようで知らない曲でしたが)
観光スポットの“ドラゴンブリッジ=ロン橋”にさしかかると、指差しをして教えてくれたりしました。

私が実際に乗った空港送迎タクシーの運転手さんが教えてくれたドラゴンブリッジを車内から見た様子を撮影した写真
私が実際に乗った空港送迎タクシーの運転手さんが教えてくれたドラゴンブリッジを
車内から見た様子
私が実際にソンハン橋から、ドラゴンブリッジを眺めた様子を撮影した写真
私が実際にソンハン橋から、ドラゴンブリッジを眺めた様子

その名の通り龍を模している橋ですが、ハン川にかかっていて、かなりの長さです。
全長なんと666m!

 
K
夜はライトアップされて、目がハートになっていてとても可愛いです!
頭は、ミーケービーチ(=海)側にあるのでお間違いなく。
土日の21:00からは火と水を吹くショーがあるのでそちらも必見です!
ドラゴンブリッジのドラゴンの頭と尻尾の位置を地図上で示した画像
ドラゴンブリッジのドラゴンの頭と尻尾の位置

ドラゴンブリッジは夜間はライトアップされるのでとても綺麗です。

私が撮影したハート型の目を持つ、ライトアップされたドラゴンブリッジの写真
私が撮影したハート型の目を持つ、ライトアップされたドラゴンブリッジ
私が撮影したドラゴンブリッジのドラゴンが火を噴く様子
私が撮影したドラゴンブリッジのドラゴンが火を噴く様子
私が撮影したドラゴンブリッジのドラゴンが水を噴く様子
私が撮影したドラゴンブリッジのドラゴンが水を噴く様子

この辺りにはカフェ・レストランや屋台が立ち並んでいて、
夜ご飯がてら、このショーを見ようと観光客で賑わっています。

行かれる際には30分前には着いておくことをおすすめします!

橋の上からも見られるようですが、私たちは近すぎると全体が見えないかなと思い、
そのすぐそばの広場になっているリバーサイド・パークから見ました。

リバーサイド・パーク周辺の地図を添付しておきますので、位置をご確認ください。

また、海沿いレストランの“Blue Whale”
(2019年7月より名称変更で現在は”Blue Dolphin”となっています)の店員さんは、
名物料理のエビのココナッツ蒸しを頼んだは良いけど、
食べ方が分からず、ただただ眺めるばかりの私たちを見兼ねて、
静かに笑顔でエビの殻を全て剥いてくれて「どうぞ」と
ジェスチャーしてくれました。

私が実際にBlue Whaleで注文したエビのココナッツ蒸しを撮影した写真
私が実際にBlue Whaleで注文したエビのココナッツ蒸し
Blue Whaleの店員さんが実際に目の前でエビの殻をむいてくれている様子を撮影した写真
Blue Whaleの店員さんが実際に目の前でエビの殻をむいてくれている様子
Blue Whaleの店員さんが殻をむいてくれたエビがお皿に並べられている様子を撮影した写真
Blue Whaleの店員さんが殻をむいてくれたエビが
お皿に並べられている様子
 
K
このレストランは、食事も美味しく、お値段も安くておすすめです。
そして何より、海を眺めながらの食事は最高です!
女子2人旅だけでなく、カップルにもおすすめできます!
綺麗なミーケービーチをバックに、私が実際にBlue Whaleで注文したドリンクを撮影した写真
綺麗なミーケービーチをバックに、私が実際にBlue Whaleで注文したドリンクを

Blue Dolphin周辺の地図を添付しておきますのでご確認ください。

さりげないコミュニケーションから、ダナンの方々の人柄の良さも相まって、
安心出来る街だと感じるのでしょうね!

スポンサーリンク

ダナンのどこに行けば
女子旅におすすめな可愛いお店があるの?

女子二人旅となると、可愛いお店は外せないですよね!
ダナンを散策した結果、たくさん可愛いスポットを発見することができました。

ダナン女子2人旅におすすめのスポット①ウォーターフロント レストラン&バー

まずは、ハン川沿いの「ウォーターフロント レストラン&バー」さんです。

ここは、とにかく居心地が良くておすすめの可愛いお店です!
通りがかりに、おしゃれな店内に惹かれて立ち寄りました。
開放的な空間で川の近くなので、風を感じながら、
のんびり外を眺めてゆっくり過ごせます。

私が撮影したウォーターフロントレストラン&バーから外の景色
私が撮影したウォーターフロントレストラン&バーから外の景色
ウォーターフロントレストラン&バーのバーカウンターを撮影した写真
ウォーターフロントレストラン&バーのおしゃれなバーカウンター
ウォーターフロントレストラン&バーのメニュー
ウォーターフロントレストラン&バーのメニュー
 
K
ドリンクもさすがベトナム!
美味しいスムージー1杯が310円~400円ほどととてもリーズナブル。
1ベトナムドン≒0.0046円(2020年5月現在)と、とにかく安いです。
物価の安さも魅力ですよね!

ベトナムドンのレートはこちらからご確認ください。

私が実際にウォーターフロントレストラン&バーで注文したスムージー
私が実際にウォーターフロントレストラン&バーで注文したスムージー

ダナン女子2人旅におすすめのお土産スポット②フェーヴァ・ダナン

次に、紹介するのは「フェーヴァ・ダナン」さんです。

ここは、お土産にもぴったりな、女子には嬉しいダナン発祥のチョコレート屋さんです!
チョコレート好きの私にはチョコレート屋さんは外せません!

フェーヴァ・ダナンがにぎわっている様子を外から撮影した写真
フェーヴァ・ダナンがにぎわっている様子

おすすめポイントは、豊富な種類のチョコレートから好きなフレーバーのものを、
専用ボックスに詰めて購入できるところです。

なんと、この専用ボックスも可愛くてたくさんのカラーがあるので
好きなものを選べます!

ひと口サイズの薄いタブレットのようなチョコレートがメインのショーケースに立ち並び、ブラックペッパーやシナモンなどスパイスを効かせたフレーバーが珍しくて目を引きます。

私は、ダークピスタチオとダークシナモンのフレーバーがお気に入りです!

市販のお砂糖がたくさん入ったお菓子のようなチョコレートとは違って、
カカオがたくさん含まれた、リッチで素材を大事にしたようなチョコレートの味でした。

日中かなり暑いので、「チョコレート溶けないかな」と心配しましたが、
無事に持ち帰れました!
空き箱となった専用ケースはアクセサリーケースとして大事に使っています。

フェーヴァ・ダナンでチョコレートを買ったときに併せて購入した専用ボックス(淡いピンク色)を撮影した写真
フェーヴァ・ダナンでチョコレートを買ったときに併せて購入した専用ボックス(淡いピンク色)
フェーヴァ・ダナンでチョコレートを買ったときに併せて購入した専用ボックス(淡いピンク色)をアクセサリーケース代わりに使用している様子を撮影した写真
フェーヴァ・ダナンでチョコレートを買ったときに併せて購入した専用ボックス(淡いピンク色)をアクセサリーケース代わりに使用している様子
 
K
お土産にもたくさん買って帰りましたが、12個入り400円くらいでリーズナブルです。
可愛いケースや変わり種のブラックペッパーのフレーバーなど、話題性も抜群で、
みんな喜んでくれました!

フェーヴァ・ダナン周辺の地図を貼っておきますのでご確認ください。

ダナン女子2人旅におすすめのフォトジェニックスポット③ダナン大聖堂

続いては、お店ではないですが、フォトジェニックな可愛いスポットとして、淡いピンク色のダナン大聖堂をご紹介します。

フランス統治時代のカトリック教会です。
こちらでは現在もミサが行われているそうです。

大聖堂内部には入れなかったのですが、素敵な場所でした。
もしも、内部を見たい方は、ミサに参加すれば見学できるようですが、神聖な場所ですし、可愛らしい外観をひとめ見たい観光客であるならば、
外観だけでも充分です。

ダナン大聖堂を訪れたときの様子を撮影した写真
私が実際に訪れたダナン大聖堂
ダナン大聖堂を中庭側から見た様子を撮影した写真
ダナン大聖堂を中庭側から見た様子
ダナン大聖堂の中庭側の敷地内を撮影した写真
ダナン大聖堂の中庭側の敷地内
ダナン大聖堂の敷地内にあった洞窟に作られたような礼拝堂を撮影した写真
ダナン大聖堂の敷地内にあった洞窟に作られたような礼拝堂
ダナン大聖堂の敷地内にある礼拝堂で見たアヴェ・マリア像を撮影した写真
ダナン大聖堂の敷地内にある礼拝堂で見たアヴェ・マリア像

実は、すぐ裏に高層ビルの銀行が立っていて皆さん写真撮るの大変そうでした。
少し左斜め辺りから撮るとビルが入らないように撮れます!

ダナン大聖堂を正面から写した所、バックに高層ビルが映り込んだ様子を撮影した写真
ダナン大聖堂を正面から写した所、バックに高層ビルが映り込んだ様子

ダナン女子2人旅におすすめのノスタルジックスポット④ホイアンの街並み

こちらもお店に特定したわけではないですが、ランタンで有名な世界遺産の旧市街ホイアンの街並みがノスタルジックで可愛いので、ぜひ立ち寄ることをおすすめします!

私が撮影したランタンがたくさん並ぶ様子
Tang Loiの工房で見たランタンがたくさん並ぶ様子

私たちは、ホイアンからの帰りの足が不安だったので、日帰りツアーを利用しましたが、ホイアンはダナンから車で約30分程の距離のようです。

ホイアンには空港が無いので、ダナンの滞在をメインにして、プラスでホイアンにも訪れると良いと思います!
(ダナンへは日本から直行便で約5時間前後で行けます)

ダナン女子2人旅におすすめのスポット⑤フーンフンの家と来遠橋

ガイドさんに連れられて訪れた、観光スポットのフーンフンの家と来遠橋(日本橋)が素敵だったのでご紹介です。

フーンフンの家と来遠橋の位置を地図上で示した画像
フーンフンの家と来遠橋の位置

フーンフンの家とは、貿易商人の木造のお家で、ベトナムと中国となんと日本の3つ建築様式が混ざっていて珍しいのだそうです。

建築には詳しくないですが、内装もどこか親しみが湧き、
本物の貝で施された装飾が綺麗でした!

フーンフンの家で見た貝殻をあしらった綺麗な装飾を撮影した写真
貝殻をあしらった綺麗な装飾
フーンフンの家の吹き抜けの造りと可愛い象の置き物を撮影した写真
フーンフンの家の吹き抜けの造りと可愛い象の置き物

そのすぐ先の来遠橋も、別名「日本橋」というだけあって、日本人が造った橋だそうで、
なんだか愛着が湧きます!
可愛らしく、ここからの眺めも素敵です!

来遠橋の入り口の屋根を撮影した写真
来遠橋の入り口の屋根
来遠橋の入り口の装飾を撮影した写真
来遠橋の入り口の装飾
来遠橋の中央付近からグエン・タイ・ホック通り方面を眺めた様子を撮影した写真
来遠橋の中央付近からグエン・タイ・ホック通り方面を眺めた様子

ダナン女子2人旅におすすめの街ぶらお買い物スポット⑥チャンフ―通り

来遠橋を渡ると、チャンフー通りが続きます。

ぷらぷら歩くと、可愛いお店や趣のあるお店がたくさん!

まだ、点灯されていないランタンがたくさんのお店が並んでいるのを見ているだけでも楽しめます!

チャンフ―通りを地図上で示した画像
チャンフ―通りの位置
チャンフ―通りの可愛いハンドクラフトショップとその店先でくつろぐ犬を撮影した写真
チャンフ―通りの可愛いハンドクラフトショップとその店先でくつろぐ犬
チャンフ―通りで見かけた数店舗が併設する黄色い建物にランタンが連なっていて趣のある様子を撮影した写真
数店舗が併設する黄色い建物にランタンが連なっていて趣のある様子
チャンフ―通りのお店やレストランにランタンが飾られ、お花や蔦が自由に這っているのがノスタルジックな様子を撮影した写真
チャンフ―通りのお店やレストランにランタンが飾られ、お花や蔦が自由に這っているのがノスタルジックな様子
チャンフ―通りで見た、布を使わず多数の枠組みだけで出来た可愛いランタンを撮影した写真
チャンフ―通りで見た、布を使わず多数の枠組みだけで出来た可愛いランタン

この通りには、観光スポットの貿易陶磁博物館(海のシルクロード博物館)中華会館、福建会館などもあります。

貿易陶磁博物館・中華会館・福建会館の位置を示した地図
貿易陶磁博物館・中華会館・福建会館の位置

貿易陶磁博物館は、貿易時代の陶磁器などが展示してあり、
古民家を利用しているのでこじんまりとしていますが、
中庭にとても色鮮やかな彫刻があって綺麗です。

中華会館や福建会館は、ホイアンへ渡った中国人の集会所として建てられ、
そのブルーやピンクの外観からして華やかで目を引く寺院になっています。
気になった所をのぞきながら、チャンフ―通りを進むと良いと思います!

貿易陶磁博物館の吹き抜けになっている2階から見た、中庭にある鮮やかな彫刻を撮影した写真
貿易陶磁博物館の吹き抜けになっている2階から見た、中庭にある鮮やかな彫刻
チャンフ―通りで見かけた中華会館を撮影した写真
チャンフ―通りで見かけた中華会館
福建会館の鮮やかな魚や鳥の彫刻を撮影した写真
福建会館の鮮やかな魚や鳥の彫刻
福建会館の門を撮影した写真
福建会館の門
福建会館で見た、龍の彫刻のある池で鯉が泳ぐ様子を撮影した写真
福建会館で見た、龍の彫刻のある池で鯉が泳ぐ様子
福建会館で見た、模様が描かれた天井から螺旋線香がいくつもつるされている様子を撮影した写真
福建会館で見た、模様が描かれた天井から螺旋線香がいくつも
つるされている様子
 
K
ここで注意ポイントがひとつ!
ホイアンは想像以上に暑いです。体感で32℃くらいはあると思います!日中の街歩きの際には、熱中症対策と服装に
充分気をつけてください。

ワイドパンツやロングワンピースを着ていた私たちですが、
あまりの暑さに頭もがんがんしていたので、この通り沿いの服屋さんに駆け込み、
キャミワンピースを購入して即着替えたほどです。
コットン100%でさらっとしていて快適で、5月でしたがキャミワンピース1枚で充分な気候でした。
(服屋さんはたくさん立ち並んでいたのでどのお店だったかは忘れてしまいましたが)

ホイアンで購入してすぐ着たキャミワンピースコーディネートを撮影した写真
ホイアンで購入してすぐ着たキャミワンピースコーディネート

また、この通りにあるカフェ“ホイアン・ロースタリー”も可愛く、ひと休みにぴったりです!

オープンカフェなので店先の看板犬や歩きゆく人たちをぼんやり眺めながらゆっくり過ごせますし、現地のガイドさんもおすすめと仰ってました!

暑かったので、冷たいスムージーを注文しましたが、自家焙煎だというコーヒーもお店中に良い香りがしていてとても美味しそうでした。

ホイアン・ロースタリーのエントランスからメニュー案内と店内を眺めた様子を撮影した写真
ホイアン・ロースタリーのエントランスからメニュー案内と店内を眺めた様子
チャンフ―通りを眺めながら、ホイアン・ロースタリーで頂いたスムージーを撮影した写真
チャンフ―通りを眺めながら、
ホイアン・ロースタリーで頂いたスムージー

ホイアン周辺の地図を添付しておきますので位置確認にご活用ください。

ダナン女子2人旅におすすめのディナースポット⑦ダオ ティエン・リバー・レストラン

最後に、ツアーに含まれていたレストランでしたが、夜ご飯を頂いたお店“ダオ ティエン・リバー・レストラン”をご紹介です。

レストランまでの道のりもランタンがたくさん並んでおり、店内のテーブルセットやスタッフさんのアオザイ、ランタンでいっぱいの空間はとても可愛いのでおすすめです!

川沿いで、テラスの席のようになっているので、風がとても心地良いです。

福建会館からダオ ティエン・リバー・レストランまでランタンを見ながら通ったルートを地図上で示した画像
福建会館からダオ ティエン・リバー・レストランまでランタンを見ながら通ったルート
グエンズイヒエウ通りとホアンジェウ通りの交差点で見かけた、ライトアップされたブルーとパープルのランタンが黄色いお店に映えている様子を撮影した写真
グエンズイヒエウ通りとホアンジェウ通りの交差点で見かけた、
ライトアップされたブルーとパープルのランタンが黄色いお店に映えている様子
グエンズイヒエウ通りを進み、Trương Minh Lượng通りを曲がった際に見かけたライトアップされた可愛いランタンを撮影した写真
グエンズイヒエウ通りを進み、Trương Minh Lượng通りを曲がった際に
見かけたライトアップされた可愛いランタン
トゥボン川方面に歩いた、ライトアップされたランタンが並ぶTrương Minh Lượng通りを撮影した写真
トゥボン川方面に歩いた、ライトアップされたランタンが
並ぶTrương Minh Lượng通り
ランタンが灯されたダオ ティエン・リバー・レストランの看板を撮影した写真
ランタンが灯されたダオ ティエン・リバー・レストランの看板
ダオ ティエン・リバー・レストランのランタンでいっぱいの店内の様子を撮影した写真
ダオ ティエン・リバー・レストランのランタンでいっぱいの店内の様子
ダオ ティエン・リバー・レストランのテーブルについた時の店内の様子を撮影した写真
ダオ ティエン・リバー・レストランのテーブルについた時の店内の様子
ダオ ティエン・リバー・レストランのテーブルセットの様子を撮影した写真
ダオ ティエン・リバー・レストランのテーブルセットの様子

ずっと食べたかったホワイトローズがとても美味でした!
米粉で出来た皮にエビを包んだ餃子を蒸したようなお料理ですが、振りかけられたオニオンチップのかりかり食感と餃子のぷるぷる食感の組み合わせがとても絶品です!

私がオーダーしたダオ ティエン・リバー・レストランのホワイトローズを撮影した写真
私がオーダーしたダオ ティエン・リバー・レストランのホワイトローズ

ホイアンはどこもかしこも、可愛さあふれる街なので、女子二人旅にはぴったりのスポットです!

スポンサーリンク

海沿いのオーシャンビューホテルはどこがおすすめなの?

せっかくリゾートに行くなら、オーシャンビューホテルが良いですよね!
ダナンは、海岸線沿いにホテルがいくつも立ち並び、どこのホテルにしようか迷ってしまいます。

そこで、今回、私たちが宿泊したマンディラビーチホテル ダナンがとても良かったのでおすすめします!

まずは、立地ですが、マンディラビーチホテル ダナンから大通りを渡ればすぐ、有名なミーケービーチに着きます。

予め水着を着てビーチに向かえて、シャワーやトイレの心配も要らず、
貴重品もホテルのセーフティーボックスへ入れて置けるので荷物を気にすることなく
ビーチで遊べます!

海と反対方向に進めば、市街地まで15分~20分程なので買い物や食事にも困りません。
海沿いホテルであり、市街地にも気軽に行けるので、申し分ないロケーションです。

ミーケービーチに向かうまでに実際に通った道を撮影した写真
ミーケービーチに向かうまでに実際に通った道

続いて、肝心のお部屋ですが、宿泊費が安いです!
1泊1室8,404円でした。(つまり1泊1人4,202円です!)

もちろん、オーシャンビューで!
ベッドに横になっていても海が見えますし、バルコニーに出て、眺めることも出来ます。
青と白を基調にした綺麗なお部屋で、ウエルカムフルーツも用意してくださっていました。

そして、女子二人旅には大事なポイント!
バスルームですが、マンディラビーチホテル ダナンのバスタブがとても可愛いのです。
これなら、旅の疲れもばっちり癒せます。

私が実際に宿泊したマンディラビーチホテルダナンのオーシャンビューの客室を撮影した写真
私が実際に宿泊したマンディラビーチホテルダナンのオーシャンビューの客室
実際に宿泊したマンディラビーチホテルダナンの客室バルコニーから見えたミーケービーチを撮影した写真
マンディラビーチホテルダナンの客室バルコニーから見えたミーケービーチ
実際に宿泊したマンディラビーチホテルダナンの部屋に用意してあったウエルカムフルーツを撮影した写真
実際に宿泊したマンディラビーチホテルダナンの部屋に用意してあったウエルカムフルーツ
マンディラビーチホテルダナンの部屋の可愛いバスタブを撮影した写真
マンディラビーチホテル ダナンの部屋の可愛いバスタブ

その他、マンディラビーチホテル ダナンの施設としては、朝食レストランでも海が見えます。
食事もビュッフェスタイルで美味しいです。
特に、私はドラゴンフルーツの美味しさにすっかりはまってしまってしまいました!
やっぱり南国のフルーツなので、日本で食べるときと、みずみずしさと甘さが全然違います。

マンディラビーチホテル ダナンの朝食レストランで頂いたドラゴンフルーツやオムレツ、フォーなどを撮影した写真
マンディラビーチホテル ダナンの朝食レストランで頂いたドラゴンフルーツやオムレツ、フォーなど

さらに、マンディラビーチホテル ダナンには、インフィニティ・プールとバーがあって、最高に贅沢な時間を過ごせました。
お昼と夜とはまた雰囲気が違いますので、どちらの時間も一見の価値ありです!
ホテルエントランスも、海の絵が描かれていたり、
夜にはライトアップされていたり。(レインボー柄で驚きましたが。)
マンディラビーチホテル ダナンは、総じてとても可愛いホテルなので、女子旅におすすめです。

マンディラビーチホテル ダナンのインフィニティ・プールにお昼間訪れたときの様子を撮影した写真
マンディラビーチホテル ダナンのインフィニティ・プールにお昼間訪れたときの様子
マンディラビーチホテル ダナンのインフィニティ・プールに夜訪れたときの様子を撮影した写真
マンディラビーチホテル ダナンのインフィニティ・プールに夜訪れたときの様子
マンディラビーチホテル ダナンのバーで注文したスムージーを撮影した写真
マンディラビーチホテル ダナンのバーで注文したスムージー
マンディラビーチホテル ダナンのエントランスの綺麗な海の絵を撮影した写真
マンディラビーチホテル ダナンのエントランスの綺麗な海の絵
マンディラビーチホテル ダナンがライトアップされている様子を撮影した写真
マンディラビーチホテル ダナンがライトアップされている様子

スポンサーリンク

「ダナンは観光客が多くてくつろげない」なんてことにならないの?

綺麗な海でのんびりしたいと思って訪れたビーチが、観光客でいっぱいだったらいくら綺麗でもちょっぴりショックですよね。

その点、ダナンの海はビーチが何キロにも渡って続いており、砂浜の幅も広いので、
人もまばらで周りを気にせずゆっくり過ごせます!

そして、お昼間は更に、人が少ないです。なぜかと言うと、とても暑いからなんですね。
早朝や夕方の方が、海で遊んでいる人を見受けられました。

私たちは、ホテル目の前のミーケービーチを利用しましたが、ここは、世界で綺麗な海6選にも選ばれた注目されているビーチなんです。

実際はというと、確かに海水の透明度は高くて綺麗です。

しかし、ビーチの砂浜がさらさらで波が高く、砂が一緒に巻き上げられてしまうので、少しにごっているように見えるのがもったいなかったです。

波があるので、お魚も見えず、シュノーケリングするような海でもないので、まさに、お散歩したり、砂浜からぼんやり眺めたりして過ごすのにぴったりの海です!

ミーケービーチの砂浜に透明度の高い波が打ち寄せる様子を撮影した写真
ミーケービーチの砂浜に透明度の高い波が打ち寄せる様子
ミーケービーチの波打ち際が綺麗な様子を撮影した写真
ミーケービーチの波打ち際が綺麗な様子
ミーケービーチで膝まで海に浸かり、トークアン方面を眺めた様子を撮影した写真
ミーケービーチで膝まで海に浸かり、トークアン方面を眺めた様子
綺麗な砂浜と青い海が続くミーケービーチを眺めた様子を撮影した写真
綺麗な砂浜と青い海が続くミーケービーチを眺めた様子
 
K
私のイチオシポイント!
高い所が大丈夫であれば、ぜひパラセーリングに挑戦することをおすすめします!
パラシュートをつけて、ボートに引っ張ってもらうことで、
空を飛んでいる気分になれる、あれです!
 
私が購入したミーケービーチでのパラセーリングのチケット
ミーケービーチでのパラセーリングのチケット

私自身初めてでしたが、風を感じながら、空の上からダナンの海を眺められて、
すごく感動しました!
どんな風に空に上るのかと思いながら、準備が整うのを待ちました。
すると、砂浜を走るように言われ、走り出して2~3mで、ふわっと足が浮いたのです!
その不思議な感覚にどきどきでした。
空から見ると、海の透明度もちゃんと分かります。

私が実際に挑戦したパラセーリング中に見た、ミーケービーチの透明度の高さを撮影した写真
私が実際に挑戦したパラセーリング中に見た、ミーケービーチの透明度の高さ
パラセーリング中に見た、五行山方面のミーケービーチ沿いに立ち並ぶホテル群を撮影した写真
パラセーリング中に見た、五行山方面のミーケービーチ沿いに立ち並ぶホテル群
パラセーリング中に見た、トークアン方面のミーケービーチ沿いに建設中の高層ビル群を撮影した写真
パラセーリング中に見た、トークアン方面のミーケービーチ沿いに建設中の高層ビル群

旅行後に、ダナンの写真を見せるとこのパラセーリング中の写真に一番驚かれます!
皆さん、ダナンでこれほど開発が進んでると認識があまりないからですよね。
ぜひ、ご自身の目で見てほしいです!

スポンサーリンク

結局ダナンの海でのんびり癒される旅行が出来るの?

結論、ダナンの海でのんびりと、癒される旅行が出来ます!

朝、目が覚めた瞬間から、綺麗な海が目の前にあって、ゆったりした時間の流れを感じながら、
思う存分、海をぼーっと眺められるなんて幸せですよね。

私たち自身、時計も気にせず、朝からずーっと海を見て贅沢な時間を過ごせました!

私たちが実際に海を眺めながら頂いた南国風のスムージーを撮影した写真
私たちが実際に海を眺めながら頂いた南国風のスムージー

女子旅で気になる治安も安心できるし、
買い物や街歩きしたくなったときも、すぐに可愛いスポットを訪れることが出来ます。

癒しがテーマの女子二人旅なら、ぜひ、ダナンを訪れてみてください。

スポンサーリンク