アラサー女子がプチ贅沢なグアム旅行をするならどんな旅をする?

アラサー女子がグアムでプチ贅沢を満喫するなら?
到着前からビジネスクラスで空の旅を楽しもう!

グアムと言えば、日本からだとフライト時間が4時間弱ということで、身近な海外ビーチリゾートとして人気ですよね。
今回、私たちは2泊3日で旅行出来る海外リゾートに行こうという話になって、真っ先に身近なグアムに
決まりました。
「学生の頃とは違って私たちもアラサーだし、少し奮発するところはして、ちょっぴり贅沢にのんびり
過ごそう!」と決めた私たちが、実際にしてきたプチ贅沢なグアム旅行をご紹介します!

私がグアムへのフライト中に飛行機から見た雲の上の景色を撮影した写真
私がグアムへのフライト中に飛行機から見た雲の上の景色

まずは、フライト代を少し奮発して、ビジネスクラスでの快適な旅がおすすめです!
私たちが実際に利用したユナイテッド航空のフライト情報(ユナイテッド・ビジネス)をご紹介します。

8/28  UA150便 関西国際空港 11:05発 ― グアム国際空港 15:50着

8/30   UA177便 グアム国際空港 16:50発 ― 関西国際空港 19:45着

時間帯もちょうど良いですし、料金は往復で1人103,850円でした。

高いと感じますか?
実は私たち自身、初めからビジネスクラスのフライトを予約しようと思っていたわけではないのです。
探し始めた時期が遅かったのもありますが、8月末の夏の相場は高いなぁと、
価格比較の出来るサイトのトラベルコエアトリなどで航空券を探していて、
このユナイテッド航空が最安値だと思って予約をすると、それがなんとビジネスクラスだったのです!

その他のフライトは往復エコノミークラスで20万円近くするチケットや、深夜や早朝発着フライトのチケットで、希望の条件に合いませんでした。
それなら、約10万円でビジネスクラスに乗れると思うと安いものです!

 
K
ちなみに、海外旅行の際は、現地の空港に着く時間があまりに深夜や
早朝になるフライトは避けるようにしています。
空港内のお店も営業時間外でひと気がなかったり、市内・ホテルへの
移動手段が少なかったりと、いくら治安の良いと言われる地域でも、
不慣れな場所での危険は回避すべきです。
用心しすぎだと思われても、最後に自分の身を守れるのは
自分だけですので!!

肝心のビジネスクラスですが、実際に利用してみるととても快適でした!
私自身、初めてビジネスクラスを利用したのですが、リッチな気分も味わえたので、
これならまた利用したいと大満足しています。
ここから、私のビジネスクラスのおすすめポイントを紹介していきます!

私が感じたユナイテッド航空ビジネスクラスのおすすめポイント1
待ち時間が少ない

まずは、空港での手続き時間が短い!という点がおすすめです。
ビジネスクラスを予約していれば、プレミアアクセスと呼ばれる優先搭乗サービスが受けられる為です。
チェックインカウンターでは優先レーンでチェックインが出来て、セキュリティー検査でも搭乗でも、優先的に済ませることが出来ます。

いつもならば出発時刻の2時間前ほどから、チェックインカウンターには列が出来ていて、自分の順を待つことが常です。
今回は並んでいる方々を横目に、誰も待っていないカウンターですぐ対応してもらえました。

関西国際空港のフィンエアーエコノミークラスのチェックインカウンターに並んでいる人々の手前に、ユナイテッド航空プレミアアクセス専用の優先チェックインカウンターがある様子(別の旅行時に見たもの)を撮影した写真
関西国際空港のフィンエアーエコノミークラスのチェックインカウンターに並んでいる人々の手前に、ユナイテッド航空プレミアアクセス専用の優先チェックインカウンターがある様子(別の旅行時に見たもの)

もちろん搭乗も先に出来るので、ゲート前で待っている人たちと同じように順番を待つこともなく、全てがさくさく進みました!
普段は関西国際空港でボーっと待ち時間を過ごすのですが、今回はスムーズ過ぎて写真も撮らず。

関西国際空港のゲート前でコーヒーを飲みながら搭乗を待っている様子(以前の旅行時のもの)を撮影した写真
関西国際空港のゲート前でコーヒーを飲みながら搭乗を待っている様子(以前の旅行時のもの)

待つのは苦ではないタイプなので、それほど優先搭乗サービスを羨ましいと感じたこともなかったです。
しかし、今回、ビジネスクラスってこんなにスムーズなんだと分かって、列に並ばなくて良いという良さも実感しました!

私が感じたユナイテッド航空ビジネスクラスのおすすめポイント2
座席が広い

肝心の飛行機の座席ですが、座ってみるといつものエコノミークラスより足元が広々としています!
普段エコノミークラスに乗った際、荷物を座席シート下に置くと、足が伸ばせず窮屈なのですが、
今回は足が伸ばせました。
しかも、ゆとりもあります!
テーブルを出しても圧迫感もなくて、狭い思いをしながら飲み物を飲んだり
お食事をしたりしなくて済んだのはとても良かったです。

実際に私がビジネスクラスの座席に座り、荷物を座席シート下に置いて足を伸ばしたときの足元の様子を撮影した写真
実際に私がビジネスクラスの座席に座り、荷物を座席シート下に置いて足を伸ばしたときの足元の様子
ユナイテッド航空ビジネスクラスのテーブルを出してドリンクを飲んでいる様子を撮影した写真
テーブルを出してドリンクを飲んでいる様子

シートも柔らかい素材で出来ているので、乗り心地が良かったです。
座り心地は例えるなら、マッサージチェアみたいな感じでしょうか。
シート自体もエコノミークラスより大きめで、身長165㎝程の私たちで充分過ぎるほどなので、
一般体型の日本人男性の方でちょうどフィットして寛げるくらいのサイズ感です。
隣の席との間のひじ掛けの部分にも、幅20㎝程の、ドリンクなど少し物が置けるスペースの余裕があり、ゆったりと過ごせました。

実際に利用したユナイテッド航空ビジネスクラスの座席シートを撮影した写真
実際に利用したユナイテッド航空ビジネスクラスの座席シート
ユナイテッド航空ビジネスクラスで、隣の席との間のスペースにドリンクを置いている様子を撮影した写真
隣の席との間のスペースにドリンクを置いている様子
 
K
ちなみに、チェックインした際、友人と隣同士の席をお願いしたのですが、
座席の列が縦並びで前後になってしまったので、座席の確認は
ぜひ、航空券を受け取ってすぐにしてくださいね!
気づいたのは機内だったのでどうしようもなく、帰りはきちんと
確認して、隣同士にしてもらいました。

私が感じたユナイテッド航空ビジネスクラスのおすすめポイント3
美味しいお食事

続いて、機内食で出されたお食事がとても美味しくて衝撃的でした!
機内食というと、どうしても味付けが濃く、レトルト食品やお弁当のようなイメージがあったのですが、
今回のビジネスクラスでのお食事は、レストランで食事をしているかのような美味しさでした!

今回の往きのメニューは、サーモンのソテー、温野菜、パン、サラダ、マンゴームースでした。
野菜好きな私としては、サラダがボウル一杯分入っているのも嬉しく、サーモンにも
ラタトゥイユのような野菜たっぷりのソースがかかっているのもとても美味しかったです!

グアム往きの便で私が頂いたユナイテッド航空ビジネスクラスの機内食を撮影した写真
グアム往きの便で私が頂いたユナイテッド航空ビジネスクラスの機内食

帰りのメニューは、白身魚のソテー、サフランライス、パン、サラダ、チョコレートムースでした。
往きのメニューの方が好きですが、やはりサラダたっぷりな所が嬉しいです!
バルサミコ酢ドレッシング付きなのも個人的に好みでした。

日本への帰りの便で頂いたユナイテッド航空ビジネスクラスの機内食を撮影した写真
日本への帰りの便で頂いたユナイテッド航空ビジネスクラスの機内食
 
K
一番の驚きは、食器・カップ・カトラリー類がちゃんと陶器・ガラス・ステンレス製だ!ということです。

ビジネスクラスは違うだなんて、知りませんでした!
いつものエコノミークラスだと、紙コップ・プラスチック食器にメインの温かいお料理は
アルミ製のようなお皿が使用されています。

もちろん、それでも充分なのですが、やはり陶器に入っていると、まるでレストランに居るかのような雰囲気が味わえるので、それだけでもリッチな気分になれます!

加えて、お料理もグレードアップされているので、大満足の美味しい食事を味わえます。
ビジネスクラスでこれほど美味しかったら、ファーストクラスだともっと手の込んだお料理が
出てくるのだろうなと夢が広がりますね!

私が頂いた白ワインのグラスに綺麗な空模様が反射している様子を撮影した写真
私が頂いた白ワインのグラスに綺麗な空模様が反射している様子

もちろんサービスも申し分なかったです。
ビジネスクラスだからなのか、離陸前から飲み物を持ってきてくれました。

よく、日本のCAさんとサービスが全然違うと聞くこともありますが、ユナイテッド航空のCAさんの
サービスも丁寧で良かったです!

普段は飛行機も移動する間だけだし、エコノミークラスで充分派ですが、
「これならビジネス乗るのも分かる」と1人感心していました。
長距離フライトならとても手が出せないビジネスクラスでも、グアム旅で10万ちょっとのお値段で
プチ贅沢を味わえるなら、利用しない手はないですね!

グアム到着時、空の上からグアムを眺めた様子を撮影した写真
グアム到着時、空の上からグアムを眺めた様子

スポンサーリンク

アラサー女子がグアムでプチ贅沢を満喫するなら?
オーシャンビューでちょっとリッチなホテルステイ!

続いては、気になるホテル選びです!
リゾート地はホテルがたくさんあって、どこに泊まろうか迷いますよね。

 
K
私はビーチリゾートに行くなら、ホテルからすぐビーチに出られる立地の良さが第一優先です!

海に行くなら、水着とタオル類と、日焼け止め・化粧品類など荷物がたくさん要りますよね?
その上、海外リゾートなら貴重品管理も気になりますし。

その点、ホテルからビーチにおりられるなら、貴重品はお部屋の金庫に閉まっておけますし、
水着を着ていけて、着替えも荷物もお部屋に全て置いたまま海に行けるのが魅力的!
バスタオルなども貸してもらえます。
お部屋の綺麗なお風呂場でゆっくりシャワーを浴びることが出来て、髪をドライヤーで乾かし、着替えやメイク直しもお部屋で快適に出来て、良いこと尽くしです。

実際、ビーチ沿いのホテルに滞在した私たちが持って出たのは、ルームキーと
スマホとタオルだけです!

防水ケースに入れたルームキーとスマホを私が持っている様子を撮影した写真
防水ケースに入れたルームキーとスマホ

ちなみに、8月はもう雨季なので今回2度スコールに遭いました。

私たちはすぐビーチにつながっているホテルに宿泊していたおかげで、雨が降ってきたらお部屋へ

すぐ戻れたので大正解です!

もし、グアムのスコールを避けたいなら乾季の12月~5月辺りに旅行するのがおすすめです。

スコールが来た海の様子をお部屋から眺めているところを撮影した写真
スコールが来た海の様子をお部屋から眺めているところ
私が以前、乾季の4月に訪れたグアムの海を撮影した写真
私が以前、乾季の4月に訪れたグアムの海

というわけで、私たちが宿泊したのは、パシフィックスター リゾート アンド スパの
オーシャンビュールームです!
ビーチが目白押しのタモン湾沿いのホテルから選びました。

エントランス前のパシフィックスター リゾート アンド スパのホテルロゴを私が撮影した写真
エントランス前のパシフィックスター リゾート アンド スパのホテルロゴ

ロビーに入った瞬間、開放的な雰囲気が素敵です。
充分、お部屋も綺麗で快適でした。

パシフィックスター リゾート アンド スパの開放的なロビーを撮影した写真
パシフィックスター リゾート アンド スパの開放的なロビー
パシフィックスター リゾート アンド スパの私たちが泊まったオーシャンビュールームを撮影した写真
パシフィックスター リゾート アンド スパの私たちが泊まったオーシャンビュールーム

価格も1泊1室当たり12,080円ととてもお手頃です。
つまり、1人当たり1泊6,040円です。安いですね!

そして、ショッピングをするのに中心地となる”ザ・プラザ“にも徒歩約25分で行けて、立地も抜群です。
″ザ・プラザ″はグアム観光へ行った人なら、誰もが訪れるメジャーなショッピングモールなのです!
″ザ・プラザ″の情報はこちらからどうぞ。

ここまでの道のりは一本道でとっても分かりやすいですが、ルートも載せておきますね。

さて、ホテルからビーチに出られることを条件にホテル選びをしたので、もちろん、パシフィックスター リゾート アンド スパでは、ホテル中庭を抜けてすぐ出られます。
時間は少しかかりますが、なんとそのまま、″ザ・プラザ″への道のりの途中まで、砂浜を歩いていくことも出来ます!

なので、グアムに着いたらすぐビーチサンダルに履き替えることをおすすめします!

私がパシフィックスター リゾート アンド スパのホテル中庭を抜けてビーチへ向かって歩いているところを撮影した写真
私がパシフィックスター リゾート アンド スパのホテル中庭を抜けてビーチへ向かって歩いているところ
私たちが″ザ・プラザ″へ向かうときに歩いた砂浜を撮影した写真
私たちが″ザ・プラザ″へ向かうときに歩いた砂浜
淡いブルーが綺麗なタモンビーチの波打ち際を撮影した写真
淡いブルーが綺麗なタモンビーチの波打ち際
私たちが履いていたビーチサンダルを撮影した写真
私たちが履いていたビーチサンダル

大通りを進めば25分程で着くのですが、私たちは海を眺めながら、たくさん写真も撮っていたので、
実際には到着まで1時間程かかりました。

 
K
ここから砂浜を歩き、フジタロードを抜けると、インスタ映えで一躍有名になったピンクの建物(タモントレードセンター)がある通りにちょうど出られます。

可愛いので私たちも写真を撮りましたが、特にここに何かあるわけではなかったです。

実際に訪れたタモントレードセンターを撮影した写真
実際に訪れたタモントレードセンター
ビーチ側から実際に見たフジタロード(左手にタモントレードセンターがある様子)を撮影した写真
ビーチ側から実際に見たフジタロード
(左手にタモントレードセンターがある様子)

ちなみに、砂浜を進んでいくと、このフジタロードの手前にフィエスタリゾート グアムが
あるのですが、ちょうど裏手に足洗い場があったので利用させてもらいました!

透明度の高いタモン湾を撮影した写真
透明度の高いタモン湾
私がフィエスタリゾート グアムの足洗い場を利用している様子を撮影した写真
私がフィエスタリゾート グアムの足洗い場を利用している様子

タモントレードセンターの場所と、フィエスタリゾート グアムの場所と、砂浜を歩く場合の
″ザ・プラザ″までのルートも載せておきますね。

タモントレードセンターの場所と、フィエスタリゾート グアムの場所と、砂浜歩き、フジタロードを通ってザ・プラザまでのルートを私が地図上で示した図
タモントレードセンターの場所と、フィエスタリゾート グアムの場所と、砂浜歩き、フジタロードを通ってザ・プラザまでのルートを地図上で示した図

そして、ビーチリゾート地でのホテル選びは、断然オーシャンビュールームをおすすめします!
もうこれだけでプチ贅沢な気分を味わえます。
寝起きから綺麗な海が見えるなんて最高ですよね!
バルコニーでひと息つけて、これ以上なくリラックス出来ました。

私たちのようにリーズナブルな価格で泊まれるホテルもあるので、グアムはまさにプチ贅沢にぴったりの旅先です!
パシフィックスター リゾート アンド スパもぜひ利用してみてください。
パシフィックスター リゾート アンド スパのホテル情報はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

アラサー女子がグアムでプチ贅沢を満喫するなら?
綺麗な海でのんびり過ごす時間を取り入れて!

タモン湾の水面がきらきら光っている様子を撮影した写真
タモン湾の水面がきらきら光っている様子

海と言えば、泳いだり、シュノーケリングやダイビングをしたり、マリンアクティビティがたくさん
ありますよね。
もちろんアクティビティに参加して遊んでもとっても楽しいですが、プチ贅沢な過ごし方をするなら、
あえてぼんやり海を眺めてのんびり過ごすのはいかがでしょうか?

私たちは旅中ほとんどの時間を、ひたすら綺麗な海でゆっくりしていました!
リゾート地でまったり過ごすなんて、とても贅沢な大人の時間の使い方です。

私が見た波が穏やかなビーチを撮影した写真
私が見た波が穏やかなビーチ

気の向くままに、私たちが実際に過ごしたグアム滞在中のスケジュールを載せておきます。

8/28 15:50 空港到着・空港送迎車を待つ

   16:50 パシフィックスター リゾート アンド スパにチェックイン

   17:30 ビーチを散歩

   18:45 ザ・プラザ内”EAT STREET GRILL”で夜ご飯

   20:00 ABCマートで買い物

   21:15 ホテルへ到着・就寝

8/29 09:00 起床

   10:00 ホテル内の朝食レストラン”Pacific Star Cafe”でブランチ

   11:00 海でのんびり

   14:00 お部屋へ戻り、着替えて休憩

   16:00 ビーチを散歩

   16:50 タモントレードセンターで記念写真

   17:30 アウトリガーホテル内バンブー・バーで夜ご飯

   21:15 ホテルへ到着・就寝

8/30 08:00 起床

   09:15 バルコニーで海を眺めながら朝ご飯

   10:00 海でのんびり

   12:00 パシフィックスター リゾート アンド スパをチェックアウト

   13:30 ロビーで海を眺めながらアイスクリームを食べて、空港送迎車を待つ

   14:00 空港到着

ただただ、砂浜を散歩したり、海に浸かったり。

さらさらの砂浜に透明な波が押し寄せている様子を撮影した写真
さらさらの砂浜に透明な波が押し寄せている様子
海に浸かって、エメラルドグリーンの海を映した写真
海に浸かって、エメラルドグリーンの海を映した写真
夕日が差してきらきらしているタモン湾を撮影した写真
夕日が差してきらきらしているタモン湾

お気に入りのO・P・IのマニキュアをABCマートで見つけて2人で現地でおしゃれして写真を撮ったり。
日本で買うよりも安いので私はいつも旅行に来た時買います!キティちゃんコラボの商品もありました!

ABCマートで見たキティちゃんコラボのO・P・Iのマニキュアを撮影した写真
ABCマートで見たキティちゃんコラボのO・P・Iのマニキュア

海を眺めながら、休憩したり朝ご飯を食べたり。

お部屋で海を眺めながら飲んだドリンクを撮影した写真
お部屋で海を眺めながら飲んだドリンク
海を眺めながらお部屋のバルコニーで食べたストロベリーヨーグルトを撮影した写真
海を眺めながらお部屋のバルコニーで食べたストロベリーヨーグルト

綺麗な海を見てのんびり過ごすととても癒されて、日頃の疲れから一気に解放されるので、とってもおすすめです!

夕暮れ時のタモン湾を撮影した写真
夕暮れ時のタモン湾
私が、砂浜で夕日を眺めている様子を撮影した写真
私が、砂浜で夕日を眺めている様子

スポンサーリンク

アラサー女子がグアムでプチ贅沢を満喫するなら?
カロリーも気にせず、好きなものを食べちゃおう!

日常生活では、女子ならば食生活に少なからず気を遣いますよね。
私自身も、日々、ヘルシーで健康的なものを食べようと意識しています。

ただ、グアムは美味しい食べ物の誘惑がいっぱいで、しかも高カロリーそうなものばかり。
クリームたっぷりのパンケーキや、アイスクリーム、郷土料理のチャモロ料理、大きなステーキや
ハンバーガー!
だからこそ、自分へのご褒美として「グアムに来たらカロリーを気にせず、食べたいものを食べる!」というプチ贅沢をしてください!

私たちは、せっかくグアムに来たのだからと、アメリカンなハンバーガーなど、ジャンキーな食べ物を
罪悪感なく頂きました!
日本とは違ってボリュームもすごく多いですが、とても美味しかったです。
実際に訪れたお店を紹介しておきますね。

私たちがグアムで訪れたおすすめレストラン1
”ザ・プラザ”内にある”EAT STREET GRILL”

ステーキなどグリル料理もたくさんありましたが、海に居たからか、塩分を欲していてポテトが
食べたくなってハンバーガーを注文しました!
塩気の効いたホクホクポテトがとても美味しく、ハンバーガーも具材がたっぷりでボリュームもあって
満腹になります。
付け合わせにキムチが付いていたのは不思議でしたが!

私たちが注EAT STREET GRILLで文したハンバーガーとドリンクを撮影した写真
私たちが注EAT STREET GRILLで文したハンバーガーとドリンク

お値段は、オーソドックスなハンバーガーとドリンク1杯で23ドル程です。
ただ、こちらのお店はサービスチャージ10%がかかりましたのでお忘れなく!
トータルは日本円にすると大体2500円くらいですね。(1ドル≒109円2021年6月現在)

 
K
ここでは、お花型に折ったペーパーナプキンのプレゼントをくれて
和ませてくれました。
旅の想い出になりますね。
店員さんも明るいスタッフさんばかりで、お店の雰囲気もおしゃれで
おすすめです!

EAT STREET GRILL”の情報はこちらからどうぞ。
地図も載せておきますね!

私たちがグアムで訪れたおすすめバー2
デュシット ビーチリゾートグアム
(旧アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート)の
ホテルロビーにある”バンブーバー”

名称変更になったのですね!
私たちが訪れた頃はアウトリガー・グアム・ビーチ・リゾートでした。
このロビー階にある”バンブーバー”が雰囲気も良く、とてもゆったり出来ました。
天井も高く開放感のあるロビーラウンジです。

ホテルのロビーラウンジというだけでちょっぴり高級感を味わえますね!
ただ、ドレスコードもカジュアルで肩ひじを張るような格式ばったお店ではないので、
気兼ねなく利用出来ました!
実際私たちはビーチサンダル・ショートパンツでしたし。

ビーチリゾートに来たら飲みたくなるグァバの可愛いカクテルも注文しちゃいました!

私が頂いたグァバのカクテルを撮影した写真
私が頂いたグァバのカクテル

メニューはおつまみメニューが多かったので、結局、お食事はクラブサンドウィッチを頂いたのですが。
チキンにトマト、レタス、紫オニオンがたっぷりで満腹になりました!
我慢せず食べたい物を食べると幸せな気持ちになれますし、それだけでも充分、プチ贅沢なのです!

バンブーバーのクラブサンドウィッチ(フライドポテト付)を撮影した写真
バンブーバーのクラブサンドウィッチ(フライドポテト付)

Cashで払ったので忘れてしまいましたが、お値段はそれほど高くなかったと思います!
1ドリンクとクラブサンドウィッチで20~30ドルくらいでしょうか。
ホテルなので当然サービス料はかかります。

ディナータイムは毎日19:00からミュージシャンによる演奏もあるそうで、
時折、その音に耳を傾けながらの夜ご飯は、とても優雅な時間でした!

バンブーバー”のお店情報はこちらからどうぞ。
地図もこちらに載せておきます。

スポンサーリンク

アラサー女子がグアムでプチ贅沢を満喫するなら?
帰国前には空港ラウンジで優雅にひと息!

最後に紹介するプチ贅沢は、今回の旅行で一番リッチな気分にさせてくれました。
それは、グアム国際空港のユナイテッドクラブです!
ユナイテッド航空の国際線ビジネスクラス以上のプレミアムキャビンと呼ばれるお席を予約すると
利用出来る空港ラウンジになっています。
空港ラウンジなんて、響きからして贅沢な気分になりますね!

その他に、

ユナイテッドクラブ会員の方

スターアライアンスのゴールド会員の方

スターアライアンス加盟航空会社のビジネスクラス以上のフライトを利用される方

その他アクセス権をお持ちの方

も利用出来る空港ラウンジだそうです。

ユナイテッドクラブの詳細はこちらからどうぞ。

 
K
ちなみに、ユナイテッドクラブのラウンジが無い空港でも、
ユナイテッド航空国際線ビジネスクラスのフライトを予約している場合、
他スターアライアンス加盟航空会社のラウンジを利用出来ることが
多いようです!

私たちは訪れませんでしたが、グアムへ出発時、ユナイテッド航空ビジネスクラスの航空券を見せれば、
関西国際空港にある飛鳥・ロイヤルオーキッドラウンジ・ANA LOUNGEなどのラウンジが
利用出来たようです。

関西国際空港にある空港ラウンジ情報はこちらからどうぞ。

さて、実際のグアム国際空港のユナイテッドクラブですが、とてもゆったりとした空間で優雅な時間を
過ごせました!
窓際の広々としたお席でリラックス出来ます。

ドリンクもスナックも種類豊富に揃っています。
温かいお料理やスープ、サラダやスイーツまで用意されていてびっくりでした!

グアム国際空港のユナイテッドクラブのセルフサービスのドリンクコーナーを撮影した写真
グアム国際空港のユナイテッドクラブのセルフサービスのドリンクコーナー
コーヒー・紅茶など温かい飲み物類のドリンクバーを撮影した写真
コーヒー・紅茶など温かい飲み物類のドリンクバー
私たちが実際にユナイテッドクラブで頂いたドリンクと、ナゲットやミネストローネスープ、チョコレートやココナッツクッキーなどを撮影した写真
私たちが実際にユナイテッドクラブで頂いたドリンクと、ナゲットやミネストローネスープ、チョコレートやココナッツクッキーなど
グアム国際空港のユナイテッドクラブにあった可愛い魚型のスナックを撮影した写真
グアム国際空港のユナイテッドクラブにあった可愛い魚型のスナック

基本的に、セルフサービスですが、アルコールの提供だけスタッフさんに注文スタイルでした。
「せっかくだからお願いしよう」と話すも、メニューが無いのでどうしたらいいものかと、
おどおどするばかり。
「どんなものがありますか?」と聞くと、「何でもあるよ」と笑われちゃいました!

ワインを頂きましたが、グラスがきちんと薄張りのワイングラスで高級感もあり、
とても美味しかったです!

私たちが空港ラウンジで頂いたワインで乾杯する様子を撮影した写真
私たちが空港ラウンジで頂いたワインで乾杯する様子

こちらのユナイテッド航空のラウンジは、ゲート10と11の間に有ります。
コンパクトな空港なので、すぐ分かると思いますが、地図を載せておきますね。

グアム国際空港の空港ラウンジ(ユナイテッドクラブ)の場所を地図上で示した図
グアム国際空港の空港ラウンジ(ユナイテッドクラブ)の場所を地図上で示した図

曜日によって、営業時間が異なるようなので、確認してご利用ください!

以前、一度だけ関西国際空港でカード会社メンバーズラウンジ”金剛”を利用したことがあったのですが、
ユナイテッドクラブとは全然雰囲気が違いました。

カードメンバーズラウンジ”金剛”は、ドリンクはセルフサービスですが、フードは無く、あられなどの
小袋のお菓子を2~3個頂けました。
お席もたくさん詰まっていて、パソコンを開いて仕事をしているビジネスマンばかりで、
ラウンジというよりは待合室という言葉がぴったりの場所でした。
まぁ、カードを持っている方が利用出来るので対象者が多いせいかもしれませんが。
そのイメージがあってそれ以来、特に空港ラウンジを利用したいとも思っていませんでした。

(カード会社メンバーズラウンジの詳細はこちらからどうぞ。)

しかし、それに比べて、グアム国際空港のユナイテッドクラブは、本当にゆったりとした
リッチな空間で、まさにラウンジと言える場所でした!
フードもドリンクも充分過ぎるほど用意されていて、空間も陽が差し込む明るい雰囲気で、
発着する飛行機を眺めることも出来ます。
利用されている方がそもそも少ないですし、談笑したりひと息ついたりしてゆっくりされている方が
ほとんどでした。
フライト前にリラックス出来るのはすごく良いですね!
皆使いたがるのがよく分かりました。

グアム国際空港のユナイテッドクラブのバーカウンター辺りの雰囲気を撮影した写真
グアム国際空港のユナイテッドクラブのバーカウンター辺りの雰囲気
グアム国際空港のユナイテッドクラブの窓際の席から私たちが見た発着する飛行機を撮影した写真
窓際の席から私たちが見た発着する飛行機

空港ラウンジも場所によって全然違うのだと知りましたが、グアム国際空港のユナイテッドクラブは
本当におすすめです!

ぜひ、帰国前には早めにグアム国際空港へ行って、最後のグアムのお楽しみを満喫してください。

スポンサーリンク

結局、アラサー女子のプチ贅沢なグアム旅行って?

私たちのプチ贅沢なグアム旅行は、時間に追われず、観光地を巡るわけでもなく、
美味しいご飯を食べ、ひたすら海でまったりした癒しの旅行でした。

ザ・プラザに向かう際に見たグアムジラを撮影した写真
ザ・プラザに向かう際に見たグアムジラ

ビジネスクラスでの旅行は本当に優雅な気分を味わえますし、
特に空港ラウンジの利用は一度したらもう一度行きたいなと感じています。

機内から見える空模様とユナイテッド航空とコカ・コーラの可愛い柄の紙ナフキンを撮影した写真
機内から見える空模様と
ユナイテッド航空とコカ・コーラの可愛い柄の紙ナフキン

旅行先で予定も立てずにのんびり過ごすなんて、最高の贅沢ですよね!
たまには、日々の忙しさから解放されるプチ贅沢な癒しの旅に出かけることをおすすめします。

グアムの海に浸かって2人でサングラスを映して楽しんでいる様子
海に浸かって2人でサングラスを映して楽しんでいる様子

スポンサーリンク